勉強

予備校に通って英語や小論文対策をしておこう~大学進学案内~

勉強は必須

教師と生徒

大学に進学する時には受験を突破しなければなりません。多くの人は受験突破の為に予備校や塾に通って勉強を進めていくでしょう。大学によって受験内容は少し違ってきますが、基本的に主要科目のテストは避けて通ることができません。中でも英語は今やほとんどの大学で受験科目として導入されています。受験英語は日用英会話とは違い、ライティングやリーディングが中心となっています。中学や高校で学んできた英語の内容をしっかりと復習し、応用まで身に付けておけば受験英語を制することができるものです。予備校に通って徹底的に学習するのがよいでしょう。予備校といっても、英語に強いスクールもあれば、医学部など専門性の高い大学に強い予備校など様々です。また、小論文など受験とは切っても切り離せない項目までしっかりサポートしてくれる予備校を選ぶことも重要でしょう。それぞれの予備校を比較しながら自分に合ったスクールを見つけることが大切です。

予備校に通って大学合格を目指すにしても、やはり気になるのが費用です。大学でもかなりの学費がかかってしまう為、できるだけ予備校の費用は抑えたいという人も多いでしょう。基本的にカリキュラムや指導体制によって予備校の費用も違ってきます。資料請求をして、年間どの位のコストがかかるか計算しておくとよいでしょう。しかし、費用だけにこだわるのではなく口コミもチェックしておくことが大切です。実際にその予備校へ通っている生徒の口コミ情報をチェックすることで、どのような授業を行なっているのか知ることができます。

通信で無理なく学べる

女の子

通信制高校を東京で探す時には、先生の質やカリキュラム、スクーリングの方法などを比較して選ぶことが大切です。全日制や定時制の高校と比べると通学する必要も無いので、働きながら高卒資格を取得したいという人にも向いています。

詳細へ

受験で行なわれるテスト

勉学

小論文は受験項目の1つとして導入されているものです。小論文を書く時には、まずは構成をしっかり組み立てる必要があります。特に採点でも重要視される本論の部分には力を入れておくのがよいでしょう。

詳細へ

進学の際の費用を抑える

先生と生徒

大学の学費は高いものです。できるだけ抑えたいという場合は、奨学金制度や大学の授業料免除制度を上手く活用するとよいでしょう。国公立大学と私立大学で年間の学費が違ってくるので事前に確認しておく必要があります。

詳細へ