勉学

予備校に通って英語や小論文対策をしておこう~大学進学案内~

受験で行なわれるテスト

勉学

受験項目の1つ

大学までの間には様々な受験が行なわれます。中学受験や高校受験もその1つです。あらゆる段階で受験が行なわれますが、その中でも受験項目として取り入れられているのが小論文です。現代文や古文、地理や数学といった科目に比べると、授業で学習する機会が少ない項目となっています。小論文はいかに自分の言葉で自分の考え方をまとめられているかどうかチェックする論文テストと言えるでしょう。あまり学校で学ぶ項目でも無いため、小論文に苦手意識を持つ人も多くいます。小論文を攻略する為にも、できるだけポイントを抑えて文章を作っていくことが大切です。

構成をしっかり組み立てる

小論文を書く時には、まずは文章構成をしっかり考える必要があります。大きな構成としては、自分の意見をしっかりと示す序章、その意見に対する理由や根拠を述べる本論、序章と本論のまとめとされる結論の3つに分けられます。特に意見の理由や根拠部分である本論はかなり重要視されています。本論では、自分の言葉で読む人を納得させる根拠を述べ、正しい文章で説明することが求められます。小論文を書く時には、3つの構成段階で書く内容をはっきりさせ、本論に重きを置いて内容を考えるのがポイントと言えるでしょう。基本的に小論文は、受験する学校によってテーマが違ってきます。毎年テーマは変わるので、過去問題などを利用して小論文を上手く書く練習をしておくのも対策の1つです。小論文が苦手という人は、塾や学校の先生に添削してもらいながら正しい文章の書き方を身につけていくのが良いでしょう。