勉学

予備校に通って英語や小論文対策をしておこう~大学進学案内~

進学の際の費用を抑える

先生と生徒

高い学費がかかる

高校卒業後、そのまま学問の道に進むという人は大学や専門学校、短大へ進学、すぐに働きたいという人は就職という道を歩みます。進学の場合、特に学費がかかってしまうのは4年制大学です。専門学校も1年間当たりの学費は高いと言われていますが、基本的に2年制をとっているところが多いので、卒業までにかかる学費としてはやはり4年制大学の方が高いと言えるでしょう。高校とは違い、年間100万円近くの学費が必要となります。かなり経済的に負担が生じてしまうものでしょう。極力学費を抑えたいというのであれば、大学が用意している奨学金精度や授業料免除の制度を利用するのも1つの方法です。

比較して選ぼう

大学へ進学する際に、学費を重要視したいという人は、まずは国公立大学を優先的にチェックしておくのがよいでしょう。国立大学の場合、基本的に学部関係無く全て一律の学費となっています。それに対して公立の場合は基本的に住む場所で学費が変わっていきます。公立大学がある都道府県に暮らすと少し学費が抑えられるので、公立大学に通う場合はその土地で暮らすのも1つの方法です。大学の中でも最も学費が高いと言われているのが私立大学です。しかし、私立大学でも奨学金制度や学校の授業料免除制度を活用すれば費用の負担無く通い続けることができます。奨学金の場合、卒業後には返還する必要がありますが、在学中は学費の心配をせずに学問を学び続けることができるでしょう。授業料免除であれば、その後返還する必要も無いですが、一定基準を越える学力や成績が必要となるので注意が必要です。